顧客を逃がさないプロの電話対応とは

相手の感情に左右されない

電話対応のプロは、いったいどのような方法で顧客の心をがっちりと掴んで離さないのでしょうか。
まずは、決して相手の感情に左右されないということです。不慣れな人の場合は、顧客の機嫌が悪ければオロオロとしてしまったり、顧客の伝えたいことが汲み取れない場合にイライラとしてしまったりするものです。
しかし、電話対応のプロは違います。常に冷静な状態で対応をし、相手の安心させることが出来るのです。例えば、顧客につられて機嫌が悪くなってしまったり、慌ててしどろもどろになってしまうといったことはありません。相手が欲しいと思っている言葉や情報を即座に見つけ出し、的確な対応をすることによって、心をがっちりと掴むのです。

明確な言葉で話し勉強を怠らない

続いて、電話対応のプロというのは、顧客が聞き取れるように明確な言葉で話します。アナウンサーのように上手に話せなかったとしても、はっきりと言葉を区切って話すことによって、相手に誠実な印象を与えます。顧客の性別や年齢はさまざまです。どのような人にでも合うように話す努力をしているのです。
また、顧客が求めている答えを瞬時に引き出すために、常に勉強を怠りません。表面だけを撫でるように確認しただけでは、決して相手が求める回答をすることは出来ません。顧客の要望というものは思いもよらぬ内容な場合もありますし、複雑な質問をされることもあるでしょう。それらのすべてに答えるためには、毎日の勉強が必要になってくるのです。