営業電話までも代行できる時代に!

人数が少ない時に利用できる

商品を販売する会社であれば、少なからず営業社員がいるでしょう。業務内容は多様化していますが、外回りであったり電話コール、社内での事務作業などがあります。その中でもあまり効率的に行えないのが電話コールです。営業電話とも言われ、リストに従ってどんどん電話をかけていきます。アポを取るのが目的ですが、ただ電話をかけているだけで簡単に取れるわけではありません。かなり無駄な時間を費やしてしまいます。そこで利用したいのが電話代行サービスです。一般的な代行サービスは、かかってきた電話を受けてくれるサービスのイメージがあります。それ以外にこちらから積極的に営業を仕掛けるサービスを提供してくれる業者があります。アポ率のアップにもつながります。

新規開拓をするときに使う

会社においては、新分野の商品の販売であったり、新たな営業地域での販売などを行うときがあります。これまでの商品や営業地域であれば、それなりに自社内にノウハウがあります。それを元に現在いる社員が行えばよいでしょう。しかし、新分野となると過去の実績がありません。新しい営業地域も同様で、それぞれに特有の問題点などが分からない状態での活動になります。経験がない人を導入しても、実績を積むまでに時間がかかります。そこで、営業の電話代行サービスを利用します。新たに行う分野に強い人や、地域に強い人などに担当してもらえば、こちらにない経験を補って売り込みをしてもらえます。経験のない社員が行うよりも営業効率が上がるかもしれません。